株の利益が出たら欲を出さずにすぐに売ろう

株式投資で利益を出すのであれば、含み益が出たら欲を出さずにすぐに売ることが大切です。相場は何を原因として急変するかわからないからです。
もちろん逆に含み損となった場合にも、すぐに売ることが大事です。細かく売買することで利益が出ないのではないかと考えられますが、適切に購入ポイントを押さえていれば、上昇する確率の方が高まります。株式投資は実際のところ、確率を利用するものです。
リスク管理もこの確率をどう活用するかになります。自分の過去の取引きを分析して、購入した後に値上がりしたケースと値下がりしたケースの割合を計算しておくと役に立ちます。
また、その値幅も平均値を出しておけば、売却の目安となります。その際には値幅ではなく上昇率や下落率で計算することが大切です。株価そのものが大きくなれば、値幅よりもその増減率の方が参考になるからです。購入してからどの程度上昇したり、あるいは下落すれば売却するといった形で注文を出しておくと便利です。
相場の動きに惑わされて、つい長持ちしないようにする工夫にもなります。思惑に反して下落した場合、相場全体が堅調に推移していれば、つい持ち直すことを期待していまいます。けれども相場全体の動きとは関係なく動く銘柄は多くあります。過去のデータを重視して、自分の感覚は排除するように努めることが大事です。
そのためには、自動注文を利用したり逆指値で注文を出しておくような工夫が必要となります。含み益が生じると、つい欲が出てそのまま保有しておきたくなります。けれども値動きはそのような思惑とは関係ないものです。それよりも需給関係に影響を受けるので、過去の値動きのパターンのほうが大きく影響することになります。