株が怖いならFXからやってみよう

株取引をおこなうと企業業績によって、また関連企業の業績から派生して、風が吹けば桶屋が儲かる、といったつながりで株価が変動したりします。企業業績や決算数値はある程度見込まれていて、早いうちから価格にも折込済みというパターンが多く、今後の見込みをつけるのは難しいと言えます。
相当な先見の目がなければ取引の波に乗ることは難しいです。逆に、業績が急変した、不祥事が起きた、というようなことは急に発表になり、それによって株価が急降下します。常に株価を見ている人、情報を気にしている人であれば対応ができますが、例えば日中は仕事をしている人がそのようなケースで取引の対応ができることは難しく損失を被る結果にもなります。このように株取引ではどちらかというと中長期間持っていて利益を獲得する手法であるがゆえ、急変に対しての対応が難しいといえます。
仕事をしている人で日々利益を獲得したいと思っている人には株取引よりもFX取引の方がメリットがあると言えます。FX取引は通貨ペアの取引差で利益を獲得するのですが、その手法には株取引のように長期間持っていることで利益を狙う取引もあれば、デイトーレードという1日で手じまいをして利益を確定させるものや、スキャルピングといったほんの数分で取引を手じまいするものもあり、自分のライフスタイルにあった形で取引ができるものです。
またその取引市場も株式市場とは違い、日本が夜中でも世界のどこかのマーケットが開いている間は取引ができるため、ほぼ24時間好きな時間で取引ができるようになっています。日中仕事をして忙しい人であっても、帰宅後から取引を開始することもできるため便利です。長期保有を避けたい人でも数分で結果を出せるので損失もある程度は限定できます。